日本の造船企業を知ろう!

約1,000事業者ある国内の造船業。ここでは、そのうち工業会加盟の17社を軽く紹介します!

詳細はこちらの特設ページへ!

ヴァイオレット・エヴァーガーデン、オーケストラコンサート京都公演の感想

趣味の部屋

「第4回京アニ&Doファン感謝イベント」ヴァイオレット・エヴァーガーデンコンサート。以前書いたように、応募の結果当選し、ワクワクしながら当日を迎えました。

時に笑い、時に涙する、あっという間の2時間30分でした……。

そして、公演が終了し、おなじみの劇場版の予告が流れた時、一番会場が震えました。

人生初のコンサート、その感想を書いていきます。

スポンサーリンク


会場:ロームシアター京都

今回は京都公演ということもあり、会場は京都左京区にあるロームシアター京都で行われました。

アクセス的に言うと京阪の三条から徒歩15分程度、地下鉄東山から徒歩10分程度です。

※このロームというのは会社の名前で、全国的に有名な企業様です。

普段はオペラなどを公演しているそうで、劇場内も整った整備がなされていました。

私の座席は2階の4列しかない中の4列目という、一番後ろの席でした。ただ、真正面なので、とても良い席だと思います。

ただ、席が後ろのこともあったと思うのですが、音響は少し弱いと感じます。コンサートが始めてなので、他の会場がわかりませんゆえあまり強くは言えないのですが…。

物販

こういうコンサートでは物販があるのですね。今回は京アニの3部作合同のパンフレットでした(お値段¥2,500込なり)。

ヴァイオレット以外はユーフォニアム?とフリーという作品だそうです。詳しい友達に聞くと、ユーフォニアムはオーケストラが好きならおすすめだといわれました。見てみたいですね。

いざ、鑑賞!

時間も18時になり、いよいよ開演です。それにしてもパンフレットのヴァイオレット、きれいですね(^^♪

はじまりは声優さんから

照明が落とされ何も見えなくなると、いよいよ始まるという感覚がしますね。

まず初めにタイプライターを打つ石川由衣さん(ヴァイオレットの声の人ですね)が、「お客様がお望みなら~」のセリフを口にします。

※壇上にタイプライターが置かれた台が設置され、そこに声優さんが歩いて向かう形です。タイプライターの音から始まるのは、やはりヴァイオレットらしさが出ますね!

オーケストラの生演奏

実は私、クラシックコンサートが好きなのです。様々な音楽が一つにまとまり調和するのは本当にすごいものだと思います。

今回の演奏は関西フィルハーモニー様が行われました。やはりプロ、動きのキレが違います。

そして、オーケストラといえば指揮者様。今回は栗田博文様が全身を使い指揮されており、観客を大いに楽しませておりました。さすがプロ。

 

また、演奏者様の後ろにはプロジェクターから流されるアニメシーンが映されてました。生演奏で映像が出されると、様々なシーンが思い出されますね。

アンの話をはじめ、何度も涙を流すことになりました。

主題歌も生演奏

今回は声優さんのほかに主題歌を歌われていた方も登壇しておりました。

OPを歌うTRUEさん、EDを歌う茅原さん、そしてイメージソングを歌う結城 さんが、オーケストラ生演奏と共に熱唱されました。CD音源とは異なり、生歌は今日その時しか聞く事が出来ない、貴重なものです。やはりプロ(笑)

OP、EDだけではありません。なんと、外伝主題歌のエイミー、OVA主題歌のletterも披露されました。もはや感無量でした(/ω\)

声優さんトークショー

こういうコンサートならトークショーなるものがあるのですね。

今回は石川さんや歌手さんのほか少佐役の浪川さん、作曲家のEvanさんが登壇されました。双眼鏡を持っていくべきでした…泣。

トークショー、笑いありの楽しい内容でした。エヴァンさんの兄の名前がテイラーだと話したときは爆笑でした(笑)

おわりに

人生初めてのコンサートでしたが、また機会があれば行きたいと思える内容でした。税込み8,100円でこの素晴らしい時間を買えると考えると、破格の安さです。

全曲が終了し、登壇者さまの挨拶が終わると、おなじみの劇場版予告が流れます。

京アニやってくれましたね。このタイミングで公開日を公表するとは。

私もいつもの内容だと油断していたところ、なんと公表日が付け加えられているではないですか!

会場内はリアルに震えました。歓喜の声とはこういうのを表す言葉なのでしょう。

後で知ったのですが、ツイッターでもその時間に流れたそうですね。今から楽しみです。

 

最初から最後まで、本当に良い時間を過ごせたと思います。

それでは。

 

おまけ

コンサートですが、服装や持ち物なのが全く分からない状況でした。

私の服装はジーパンとジャケットという非常にラフな姿で参加しました。実際他の方もそういう姿の方が多く、ドレスコードはなかったです。中にはリボンで髪をくくるなど、少しヴァイオレットを意識した方も多くおられました。

持ち物はチケットとかばんだけです。かばんはパンフレットを入れれるサイズのものを持っていきました。

持っていくべきだったものとしては、やはり双眼鏡ですね。声優さんの顔は全く見られませんでしたから…泣。

また、今回は30分早く現地に到着しました。時間をつぶせるものを持っておくと便利ですが、今日日スマホで何とかなりますからね(笑)。また、ホール内は飲食禁止ですので、必要な方は一度ホールから出て飲みましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました