日本の造船企業を知ろう!

約1,000事業者ある国内の造船業。ここでは、そのうち工業会加盟の17社を軽く紹介します!

詳細はこちらの特設ページへ!

研究以外の造船記事はこちら

造船研究とは別に、昨今の造船業界やニュースなどを含むすべての造船カテゴリです。

スポンサーリンク
研究以外の造船記事はこちら

サノヤス、あなたも逝ってしまうのね……

ここ最近、日本でも再びコロナ感染者が増加傾向にあるそうで、皆さん大変な環境におられることと思います。私もまたコロナ禍で仕事が大きく減少し、つらい中にあります。 さて、たびたび?このブログでも登場するサノヤスですが、なんと造船事業から撤退と...
研究以外の造船記事はこちら

上場造船業の2020年度第2四半期まとめ

※発表後に都度、追加していきます。 2020/11/15名村造船、サノヤスを追加しました。 2020/11/18三井E&Sを追加しました。   早いもので、2020年度も既に半分以上が経過し、今年も残り2か月を切りました。 一方、...
研究以外の造船記事はこちら

日本学術会議が犯した全世界の造船・海運業と人類への許されない犯罪

衝撃的な記事が公表されました。 北大が辞退したのは「微細な泡で船底を覆い船の航行の抵抗を減らすM教授(流体力学)の研究」。船舶の燃費を10%ほど軽減できる可能性があったが、これが「軍事研究」と見なされたという。
研究以外の造船記事はこちら

三井造船の造船事業をご紹介!倒産?ヤバイ?一緒に見てみましょう

三井造船、造船に興味が無い方でも名前くらいは知っていることと思います。 残念なことに、ここ数年は倒産の危機だとか事業撤退とかで有名になってしまいました。 今回はその三井造船の造船事業をご紹介いたします。
研究以外の造船記事はこちら

川崎重工の商船事業をご紹介!要点は海外重視の建造方法?

バイクや鉄道、ロボットなどで有名な川崎重工業もまた、かつて日本造船業を率いた1社にほかなりません。 船舶海洋事業は2019年度決算では売上高の5%を占めるまでに縮小されましたが、これは海外合弁企業との事業展開が中心になったためです(1950年代はだいたい70%くらい占めてました)。 今回はこの川重の造船事業を紹介します。
研究以外の造船記事はこちら

2021年卒必見!造船業界紹介

まだかなり早いですが、造船業界に就職したい方へ業界の外観などをご紹介します。 私は大学院修士で戦後日本の造船産業を研究しており、実際にインタビューなどにもうかがってます。 少なくとも知っておくべきことを中心にお伝えし、皆様の就活に役立てていただければと思います。また、下記の書籍は読んでおいて間違いありません。
研究以外の造船記事はこちら

2020年8月版!日本の中心的な造船企業紹介!!

国内では今治造船とJMU、三井E&Sと常石造船の提携が行われ、韓国では現代重工が大宇造船を買収、中国では国営2社の統合と、世界造船市場は強力に変化しております。 国内造船業をここでは見ていきます!
研究以外の造船記事はこちら

三井E&S造船、ファブレス化を目指す?

8月は通称1Qと呼ばれるものが発表されます。 正確には第1四半期決算と呼ばれ、4~6月の売り上げなどの決算報告が発表されるとともに、配当金の変更や中期計画の訂正なども行われます。 さて、三井E&Sは先日決算報告がなされました。 今...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました