造船研究

造船関係はこちらです。

研究以外の造船記事はこちら
造船研究とは別に、昨今の造船業界やニュースなどを含むすべての造船カテゴリです。

 

かつて日本といえば造船という時代がありました。

世界最大の建造量を誇り、世界最大の船を常に更新する、まさに最強の存在でした。

今、その姿は見られません。

オイルショックに伴う造船不況とプラザ合意による急激な円高、新興国造船業の台頭などで日本造船業はその誇りを失いました。

 

ここでは、私が大学院で研究していた戦後造船業を紹介、解説します。

特に、造船分野の研究者は少ないので参考になれば幸いと存じます。

 

第1回:大日本帝国の連合国に対する賠償と造船産業

大日本帝国の連合国に対する賠償と造船産業
日本の造船?造船って韓国とか中国が主役じゃないの?残念だけど、中韓と比べると日本は目立ってないわ。でもね、戦後の日本造船業って世界で1番だったのよ?日本の造船突然ですが、皆さんは日本の造船産業がかつて世界1位だったのをご存じですか?おそらく

第2回:冷戦と賠償緩和

戦後日本造船産業の研究報告:第2回「冷戦と賠償緩和、そして解放へ」
そもそも賠償ってそんなに変わるものなの?常識は常に変わるものよ。波も世界情勢も、ね。世界情勢は着々と変化する戦後の世界情勢は非常に複雑なものでした。皆さんもご存じの通り、資本主義陣営と共産主義陣営による...

第3回:賠償の廃止と造船ブーム

戦後日本造船産業の研究報告:第3回「賠償の廃止と造船ブーム」
第2次大戦時の船舶被害率が80.6%と、実質海運業者は壊滅しましたが、一方で造船業はほとんど無傷で残りました。 時は冷戦、米ソがにらみを利かす中、一刻も日本を復興させ西側諸国の一員にしようと賠償案の緩和が求められました。 そして、1956年、日本はついに世界1位の造船大国となるのです。

第4回:造船ブームとオイルショック

 

 

ことへいへいをフォローする
院卒が造船研究を中心に投稿するブログーことへいのお部屋ー
タイトルとURLをコピーしました