日本の造船企業を知ろう!

約1,000事業者ある国内の造船業。ここでは、そのうち工業会加盟の17社を軽く紹介します!

詳細はこちらの特設ページへ!

長野県1泊2日弾丸旅行 1日目




観光地紹介

皆さんこんにちは!

夏も終わりを徐々に迎えてきており、やっと暑さから解放されると喜んでいることへいです。

私事ですが、9月の14日から1泊2日で長野まで旅行に行っておりました。

大阪から片道6時間かけてでしたが、男5人という華のあるメンバーで楽しく向かいました(笑)

今回はその旅程や感想などを書いていきます。

スポンサーリンク



旅程と予算

1泊2日で、しかもレンタカーなので時間は非常に限られる状態でした(開店時間:朝8時から夜9時まで)。

予定していた旅程はこの通りです。予算に関してもなるべく安く、逆に現地ではかなり使おうと考えておりましたので、このような見積りで計算しました。

まず朝8時の開店と同時に、トヨタレンタカー大阪駅前店にて車両をレンタルします。

1日目はとにかく長野までいかに早くいくかが重要だったので、すぐさま高速に乗り高速のSAにて昼食。

諏訪大社立石公園を周り、横谷温泉旅館へ向かうというのが、当初予定です。

2日目は北八が岳をロープウェイで登り、頂上を30分程度散策。その後白樺湖へ向かい昼食とお土産購入の後、大阪へ帰るというルートです。

なので、14時台には必ず帰宅し始めなければ間に合わない状態でした。

それでは、実際のルートを見ていきましょう!

諏訪大社下社秋宮

実は始まりからかなり変更がありました。

阪神高速、名神、新名神、第二京阪、京滋バイパスのすべてがなんと渋滞という…泣。そのため、どの渋滞道を通るかの選択を行わなければなりませんでした。

結局、南森町から阪神高速乗車、第二京阪経由名神高速で進みました(ちなみに、この第二京阪の渋滞、原因はETCレーンが工事中で1つしかなかったために生じてました)。

予定が大幅に遅れたので、昼食は恵那峡SAで取り、下社秋宮では参拝と散策のみとなりました。

結局15時ごろに下社秋宮に到着し、20分くらい境内にいました。そのあとは付近の店を見て回りました。

オルゴール記念館

下社秋宮の前には蕎麦屋さんなどの昼食所のほかお土産屋などが少しあります。しかし、男5人旅です。当然足は自然とここに吸い寄せられるのです。

そうです。オルゴール記念館「すわのね」です(笑)。

※写真許可いただいております。

ここでは、オルゴールなどの購入のほかオルゴール組み立て体験などもできます。

今回は時間の都合上購入のみでしたが、一度体験してみたい気持ちはありますね!修学旅行などで体験される方も多いそうです。

オルゴール館の次は食祭館に立ち寄りました。こちらは1階にお土産屋、2階に食事フロアがあり、大型バスも駐車可能な複合施設となっております。

ちなみに、ここでメンバーの1人が諏訪姫に出会ってしまい、2日目の旅程が大幅に変更となります(笑)

立石公園

さて、諏訪大社を後にして次は立石公園へ向かいます。

 

映画「君の名は」の聖地?みたくなっており、予想以上に人がいました(駐車してから少ししたらかなりの駐車待ちが発生)。

私も計画時はあまり人がおらずすぐに帰るかなぁと思っていたのですが、そんなことはなく30分くらい滞在してました。

カップルや親子、友達同士など幅広くおりましたし、ツーリングの方も多く見られました。意外と有名地でしたね。

横谷温泉旅館

立石公園を後にし、残すのは宿のみです。

今回の宿泊先は横谷温泉旅館です。

夕飯すごくないですか!?

左の懐石が1人分で、これに白米とそば、てんぷらが付いてきます。また右の刺身は5人分で、とてもおいしかったです。

そして量がすごい。私も白米を4分の3程度残してしまいました…。

さて、旅館といえば温泉です。

なんと、ここでは黄金色のお湯につかることができます。

浴場は夜の8時30頃に男女入れ替えが行われますので、食事前と食事後に入ると両方を体験できます。

浴場の扉を開けると真っ先に思ったのが、血の匂いです( ゚Д゚)

めちゃくちゃ鉄分です(笑)

そして露天風呂。

真横に川が流れており、音を聞きながら渓谷に囲まれ湯につかる。最高の感覚でした。

1日目終了

1日目は以上のように進んでいきました。

思ったことは、やはり長野まで行くのは挑戦的だったということです。

片道6時間やっぱりきついものでした…。もちろん、それ以上の楽しさがありましたが。

次回は2日目です。

諏訪姫により大幅に旅程が狂うこととなります(笑)  

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました