日本の造船企業を知ろう!

約1,000事業者ある国内の造船業。ここでは、そのうち工業会加盟の17社を軽く紹介します!

詳細はこちらの特設ページへ!

不定期開催、旅行地案内!「白浜アドベンチャーワールド」

観光地紹介

皆さんこんにちは!!!

台風が通っていきましたが、皆さんお怪我等はございませんでしたか?

私は特に問題なく通過を見送りました。

さて、今回は不定期開催コーナーです(^_-)-☆

なんと、つい先日白浜アドベンチャーワールドに遊びに行ってきました!

男3人でですが…泣

それでも楽しめたわけですから、やっぱり良い施設なんでしょう!

スポンサーリンク






白浜アドベンチャーワールドとは

ここで、アドベンチャーワールドについて少し紹介しましょう。

アドベンチャーワールドといえばパンダといわれるように、国内生まれのパンダたちが私たちを迎えてくれます。

https://kotoheihei.work/

どうみても、疲れ切った中間管理職の背中です(笑)

パンダのほかにも肉食・草食動物や海洋動物、さらには鳥類など計140種1,400頭がここで過ごしています。

この赤色のオーラ、もはや組長です

ペンギン、睡魔に負けず頑張ってます

 

キリン、分身してます(笑)。

   

   
ちなみに私が好きな動物はチャップマンシマウマです↓

園内が広いので、思いっきり走る姿も見られますよ!

何時間滞在した?

当日の旅程を説明しましょう!

大阪市内8時10分ごろに出発して、現地到着が11時でした。

帰着は21時30頃でしたので、12時間以上使っていましたね。

なお、通常であれば到着まで3時間もかからないのですが、これについては下記にて書いていきます。

到着後まずはイルカ・クジラショーへ行きました。

11時15分から開始でしたので真ん中の席はもう埋まっておりました…。

端の方へ座ることとなりましたが、それでも問題なく楽しむことができました。

イルカライダーすごいですね!

もっと見せた写真もあるのですが、他の方々の顔などが写っているので乗せにくいんですよねー泣。

その後フードコートで昼食を取り、1週ぶらぶらと回り、17時40分ごろに退園しました。

ということで、男3人でアドベンチャーワールドに5時間30分もいました( ゚Д゚)

園内は楽しめる?

園内は楽しめたか?ですが、男3人でも問題なく楽しむことができました。

マップで見ると案外狭いのかなと思いましたが、実際はかなり広く、歩くだけでも疲れました

特におすすめは、サファリワールドでカートを借りて草食動物エリアを周るルートです。

というのも、サファリワールド歩くとなればかなりの距離があり、さらに坂道でできてます。

せっかく動物を近くで見られるのにヘトヘトだと嫌ですよね。

1台1時間のみですが、大部分は見て回ることができます。

ちなみに私たちの場合はライオンテラスで餌やりをしたかったので、いったん返却後ライオンテラスまで徒歩で向かいました。

また、動物たちへのエサやりもおすすめですね!

私はクジラにエサをあげました。

ちなみに、一緒に行った子はほとんどすべての動物にエサをあげていました。

愛ですね(‘Д’)

アクセスはどうだった?

せっかくこんなにも素晴らしい施設があるのに、アクセスはお世辞にも良いとは言えません。

一番問題なのは湯浅御坊道です。

今現在拡張中ではございますが、上下単線のままがまだまだ続きます。

私が行った際も3台の玉突き事故で大渋滞でした。

特に、渋滞が激しく救急車そのものが到着できないという状態です。

当日は反対車線の入り口に近い場所で事故していましたが、反対車線から救急車が入り隊員が横断し救出にあたっていました。

停車した私の前で担架を担ぎ歩く隊員の姿は大変そうでした。

aaaaaaaaaaaaaaaaaa.PNG※https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/080300/teigen/teigen_d/fil/091007siryo2.pdfより


一刻も早く複線化が実現されるように、祈っております。

おわりに

白浜アドベンチャーワールド、男3人でも十分に楽しむことができました。

実は、帰り道も湯浅御坊道が渋滞していたため、約2時間かけて有田まで一般道の42号線で向かいました。

途中、山を越えなければならず、もしヘトヘトに疲れていたら宿泊されるのも1つだと思います。

白浜近辺でおすすめの旅館はSHIRAHAMA KEY TERRACE ホテルシーモア でしょうか?(HP:ホテルシーモア)。

ビーチからも近く、またバーベキューなども借りることができます。

ほかにも、予算があれば南紀白浜マリオットホテル もおすすめですね(HP:南紀白浜マリオットホテル)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました