日本の造船企業を知ろう!

約1,000事業者ある国内の造船業。ここでは、そのうち工業会加盟の17社を軽く紹介します!

詳細はこちらの特設ページへ!

造船

スポンサーリンク
研究以外の造船記事はこちら

生産性の権化:大島造船所

今回紹介する大島造船所はドック1基にも関わらず単一のドックとしては国内最大の建造隻数を誇る、生産性特化の珍しい企業です。
研究以外の造船記事はこちら

JMU舞鶴事業所の新造事業撤退は正しい?

以前、私はジャパンマリンユナイテッドの舞鶴事業所が商船事業を撤退することについて記事を書きました。 その後、下記のように舞鶴市市長をはじめ反対の声も多数あるのが現状です。 そこで、なぜJMUは舞鶴を再編の第一歩に選んだのか、改めて考...
研究以外の造船記事はこちら

日本の造船が死んだ原因

かつて世界1位の造船大国だった日本、今や韓国と中国に追い抜かれ、見る影もありません。 今回はなぜそのような逆転劇が生じたのか、軽く説明しようと思います。 今回は造船初心者も方も読めるよう、可能な限り専門用語を使わず、今後動画化も検討し作成します。
研究以外の造船記事はこちら

意外と大きな造船グループ:名村造船所

国内建造量1位の今治造船や、2位のジャパンマリンユナイテッドと比べると、それ以外の造船企業はあまり名が知られてません。 今回紹介する名村造船は、国内のみの建造量ではトップ5に位置する老舗造船会社です
研究以外の造船記事はこちら

カタールのLNG船大量発注と日本の関係

はいどうも―、ことへいのお部屋です。 今日はカタールの国営石油企業がLNG船100隻を発注したことについてです。 発表自体は2019年のことで、新しくはないのですが、ここ最近受注企業が判明してきました そこで、日本の造船業はこの波に乗れるのかを分析したいと思います。
研究以外の造船記事はこちら

2020年3月期決算 造船はやはりきつい

造船業界ですが、コロナウイルスの影響で決算発表が遅れている企業が多くあります。致し方ない事ですね……泣。 しかし、コロナで世界的に荷動きが減少している中では新規発注も少ないことと思います。アフターコロナでも恐らく荷動きの回復は時間がかかる事でしょう。
ことへい書店

文系で船に関わる職に就きたい方に読んでほしい5冊

皆さんは造船についてどの程度ご存じですか? 私は文系で、技術的なことはわかりませんが、それでも大学院では主に造船産業を研究してきました。 そこで、これからの人生で船に関係する会社に勤めたい方に読んでほしい4冊を選んでみました。
研究以外の造船記事はこちら

今治造船とJMUの提携を優しく解説

ついに発表された今治造船とJMUの提携内容。営業、開発、設計を共同で行う新会社の設立の意味をやさしく解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました