日本の造船企業を知ろう!

約1,000事業者ある国内の造船業。ここでは、そのうち工業会加盟の17社を軽く紹介します!

詳細はこちらの特設ページへ!

研究以外の造船記事はこちら

スポンサーリンク
研究以外の造船記事はこちら

2020年3月期決算 造船はやはりきつい

造船業界ですが、コロナウイルスの影響で決算発表が遅れている企業が多くあります。致し方ない事ですね……泣。 しかし、コロナで世界的に荷動きが減少している中では新規発注も少ないことと思います。アフターコロナでも恐らく荷動きの回復は時間がかかる事でしょう。
研究以外の造船記事はこちら

今治造船とJMUの提携を優しく解説

ついに発表された今治造船とJMUの提携内容。営業、開発、設計を共同で行う新会社の設立の意味をやさしく解説します。
研究以外の造船記事はこちら

三菱重工香焼と大島造船所

さて、前回三菱が香焼工場を大島に売却することについて、記事を書きました。 それから約3か月、ついに続報が届きました。その内容を見ていきましょう!
研究以外の造船記事はこちら

日本の造船企業を知ろう!

ところで、皆さんは日本には造船事業者がいくつあると思いますか? 答えは、なんと1,000事業者なんです。 ただし、我々が知るのはそのうちのほんの少し。 そこで、今回は日本造船工業会の会員企業を軽く見ていきましょう!
研究以外の造船記事はこちら

日本の造船産業を軽く紹介

今回は、日本の造船企業を軽く紹介していきます! 四面を海に囲まれた島国日本。もし船が無ければ干上がってしまうほど、わが国は非常に脆弱な環境にあります。 では、それを支える日本の造船業を、我々はどれほど知っているのでしょうか?
研究以外の造船記事はこちら

少し変わった造船所:江蘇揚子三井造船有限公司

地上建造という珍しい造船所。日中合弁企業のこの会社を少し見てみましょう!
研究以外の造船記事はこちら

JMU国内再編 舞鶴から商船撤退へ

いよいよこの時が来ました。 かねてより噂されていた、JMU舞鶴事業所における商船建造の撤退です。これは今治造船との提携がもたらしたとも考えられますね。
研究以外の造船記事はこちら

日本政府、韓国造船業を訴える

実は、造船業において韓国が問題行為を行っている事は前々から話されていたことでした。 この問題行為というのが、韓国政府の造船業に対する公的支援の異常さなんです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました